春も秋も冬も。品質・価格・機能・デザインを追及したダウンパーカ。


NANGA WHITE LABEL MOONLOID EXCLUSIVE EDITIONにとって、ダウンパーカは最強ダウンジャケットと同じくらいの人気モデル。

最強ダウンジャケットがヘビー級なら、このダウンパーカはライト級。
日本で一番着られていると言われているボリューム感です。
そんなボリューム感だからこそ、ダウンパーカの様なウェアは当然作られている数も多い。
それをあえてNANGA WHITE LABEL MOONLOID EXCLUSIVE EDITIONで表現したのは、このボリューム感のダウンウェアは"ちょうどいい"ものが少なかったからです。

このダウンパーカ、940FPの超撥水加工を施したハンガリー産シルバーグースダウンを100gも使用しているんです。

このシルバーグースダウンは、老舗シュラフメーカーであるNANGAの数あるシュラフやダウンウェアの中でも
NANGA WHITE LABEL MOONLOID EXCLUSIVE EDITIONが初めて使用したもの。

当然、そのフィルパワーはNANGA史上最高値。


もともと、100gという充填量自体も決して少ないものではありません。
それも、940FPを誇るダウンを使っているのだから、なおさらのこと。
パターン(型紙)の取り方や表地に限りなく薄い生地を使用することで見た目のボリュームを抑えていますが、
ブランドによっては、真冬用のアウターのダウンの充填量がこのくらいだったりします。

それでも、北海道から発信するNANGA WHITE LABEL MOONLOID EXCLUSIVE EDITONだからこそ、
あえてこのボリューム感をライトアウターと位置づけています。
それは、このくらいのボリューム感がさらりと羽織ることもできる限界値だからです。

ダウンウェアを作る上でもう1つの欠かせないこと。
それは、寒さの原因となる最も重要で大きな要素の一つ、風と雨雪をいかに防ぐかということ。
どんなに優れたダウンを使用しても表地に防水、防風、透湿性が無い薄いナイロンだと外気で中のダウンが冷やされ暖かいデッドエアーが台無しになってしまいます。

そこでこのダウンジャケット、表地には防水、防風、透湿性に優れた素材、オーロラテックスの中でも新開発されたオーロラテックスライトを使用しているんです。
冬のアウトドアウェアの定番はダウンジャケットの上から防水・透湿素材のシェルを重ねる着方。
これは、ダウンジャケットに体温で温められた空気を含ませ、断熱材の役割となるシェルで外気をシャットアウトするためなのですが、
なんとこのダウンジャケットは、表地にオーロラテックスライトを使用することにより1シェルの機能も兼ね備えているんです。
さらに、超機能素材であるオーロラテックスライトは、外気や雨や雪をシャットアウトしてくれるだけでなく、軽く柔らかいので着心地も抜群。

寒冷地や風の強い都内などで、薄いダウンで防寒できない理由の多くは表地にあります。
(ちなみに撥水とは水を通さないわけではなく撥じくだけで、永久的な物ではありません。防水とは完全に水を通さない生地のことで、
撥水と防水の差には天と地ほどの差があります。)

見た目にも迫力があり、暖かそうなアウトドアブランドの極地用ダウンの多くには防水性が無く、防風性、透湿性に優れたウィンドストッパーなどが採用されています。
なぜなら、標高何千m級の高山や氷点下の極地では雨が降らないからです。

私たちがスタートした北海道旭川市の真冬もとても寒くて、-20℃クラスの気温は日常的です。
ところが、高所の山や極地とは違うことがあります。
それは、日々天候が変わること。
雪から突然みぞれになったり、雪が降る外から暖房で温められた室内へ移動したり、防水性が無いと服の上に積もった雪が解けて
ジワジワと生地に染み込み濡れてズッシリ重くなってしまうのです。

だから、表地の防水性というのはとても重要で、オーロラテックスライトを採用する理由は日本の冬の気候、街や日常生活での着用に最も適した素材だと考えています。

もちろん、表地と同じ理由で内ポケットを除き、ジッパーは全て止水ジップ。
ジッパーから水が浸入することもありません。

裏地には20デニールのDWR(耐久性撥水)加工を施したミニリップストップナイロンを使用しています。
裏地なのにわざわざDWR加工を施しているのは、汚れを付きにくく、また付いた場合もふき取りやすくするため。
薄手のナイロンを使用しているのは、身体から放出された熱を素早くダウンウェアに取り込むため。
ミニリップストップナイロンを採用しているのは、通常のナイロンに比べ引き裂き強度が強いからなんです。

そして、もう1つのこだわりがすっきりとシンプルな見た目を保つために、機能をそのまま保ちながら見た目に響かない様にしていること。
裾のコードのストッパーは生地の中に埋め込み、コードエンドはポケットの中に配置しています。

それだけではありません。
2018年モデルからフロントジップと腰ポケットのジップを最新のビスロン型止水ジップに変更しました。
これにより、水の侵入を防ぐ止水性がさらに高まっただけでなく、開け閉めが以前より楽になりました。
通常の止水ジップよりも柔らかいので、実は着心地もさらに良くなっています。

2か所のフロントポケットに加え、内ポケットはジッパー付の胸ポケットが2つに、腰のメッシュポケットが2つ。
腰のメッシュポケットは、静電気防止素材を使用しているので、嫌な静電気を軽減してくれます。

他にも、汚れやすく肌が直接触れやすい首回りをトリコットと呼ばれる汚れをふき取りやすく、また触れた時に冷たさを感じにくい素材で覆っていたり、
ジッパーのスライダーのパーツ全てマットなブラックに塗装していたり。
細かすぎて分かりにくいかもしれませんが、こだわりを全て詰め込みました。

このダウンパーカには、一目で分かる特徴的なデザインも奇抜な機能もありません。
ただ、街着としてさらりと羽織ることができるよう、その時に必要な機能やデザインだけを詰め込んだこのダウンパーカ。
これこそがどうしても作りたかったダウンパーカそのものです。


NANGA WHITE LABELの製品は良質なダウンと国内での製造にこだわっています。
羽毛はヨーロッパ産のダウンを輸入し国内で洗浄、高温・オゾン殺菌処理し細菌の繁殖を防ぐ防菌防臭加工したもののみを厳選し使用。
汚れはもちろんのこと羽毛特有の臭いもほとんどありません。





ご家庭でのダウン製品のメンテナンス方法を動画で紹介してます。



サイズ(cm)
  肩幅 袖丈 身幅 後ろ着丈
XS 42 61 92 63.5
S 42.5 61 98 66
M 44 62 100 68
L 47 65.5 106 70
XL 47 67.5 108 73
XXL 48 69 116 75

※ダウンが膨らんでいる状態で平らなところに置き、測った外寸です。
※ダウン製品のためサイズなど誤差が生じる場合がございます。予めご了承くださいませ。
素材
表地:AURORA-TEX LIGHT(20D 防水・透湿)、裏地:20Dミニリップストップナイロン(DWR 耐久性撥水加工)
中わた:UDD超撥水 940FP ハンガリー産シルバーグースダウン 100g (ダウン95% フェザー5%)
平均重量
540g
原産国
MADE IN JAPAN
ブランド
NANGA WHITE LABEL (ナンガ ホワイトレーベル)
カテゴリ
メンズアウター   レディースアウター

NANGA WHITE LABEL MOONLOID EXCLUSIVE EDITION ナンガ ホワイトレーベル ダウンパーカ 940FP 防水 透湿 DWR(耐久性撥水)AUROLA tex Light オーロラ テックス ライト ハンガリー産 シルバーグースダウン UDD ウルトラドライダウン MADE IN JAPAN 日本製

価格: ¥51,840 (税込)
[ポイント還元 518ポイント~]
数量:
サイズカラー在庫購入
XSCOYOTE× 入荷連絡を希望
URBAN KHAKI
LEAF× 入荷連絡を希望
AIR FORCE BLUE
RESCUE RED
BLACK× 入荷連絡を希望
SCOYOTE
URBAN KHAKI
LEAF
AIR FORCE BLUE
RESCUE RED× 入荷連絡を希望
BLACK
MCOYOTE
URBAN KHAKI
LEAF
AIR FORCE BLUE
RESCUE RED× 入荷連絡を希望
BLACK
LCOYOTE
URBAN KHAKI
LEAF
AIR FORCE BLUE
RESCUE RED
BLACK
XLCOYOTE
URBAN KHAKI× 入荷連絡を希望
LEAF
AIR FORCE BLUE× 入荷連絡を希望
RESCUE RED
BLACK× 入荷連絡を希望
XXLCOYOTE
URBAN KHAKI
LEAF
AIR FORCE BLUE× 入荷連絡を希望
RESCUE RED
BLACK

返品についての詳細はこちら

レビューはありません

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 発送のみ

■ご注文は24時間365日受付中です。

ページトップへ