進化した都会的マウンテンブーツ

「身体に最も近い道具」「デザインは目的ではなく手段」

日常着である以上、服は衣装ではなく道具である。
道具の為にデザインがあり、目的の為に道具が存在する。
目的がスタイルになり、スタイルがファッションであるべきである。

そんなコンセプトを掲げるmeanswhile(ミーンズワイル)があのDanner(ダナー)とコラボした"Nude"(ヌード)。
1932年にスタートし世界的なブランドとして確固たる地位を気づいたDanner。
1952年にはアメリカ国内で初めてビブラムソールの採用を始めるのだが、中でも有名なのが1961年に誕生したマウンテントレイル。
当時のバックパッカーマガジンでは12社を超えるハイキングブーツの中から最も優れた靴として認定された伝説のブーツ。
今回土台となったのが、そのマウンテントレイルの後継モデルであり、現在の超定番モデルでもあるマウンテンライト。
安定感を重視した広いプラットフォームにはVibram®クレッターリフトを採用し高いグリップと耐摩耗性を確保している。
採用しているダナー式ステッチダウン製法は水が溜まりにくいだけでなく、ソール交換も可能だから長く履くことができる。

今回のNudeはそんなマウンテンライトをベースにシューレースのデザインを再構築したもの。
アッパーに使用したのは扱いやすいシュリンクレザー。
鞣しの段階で収縮をかけているから柔らかく馴染みやすいのに強度もある。
履けば履くほどカッコよさが増していく経年変化も楽しみだ。

マウンテンブーツは足首までしっかりと覆うハイカットで、しっかりとシューレースも絞めこむ必要がある。
だからこそ抜群のフィット感と安定性を持っているのだが、脱ぎ履きが面倒だというイメージもあるのではないだろうか。
それを解決しデザインにまで昇華させたのがこの"Nude"なのだ。

シューレースは細いコードになっていてストッパーで調整する仕組み。
いちいち縛る必要がないのはもちろん、細いコードは通常のシューレースに比べて滑りが良いから絞めこんだり緩めたりするのが各段に早い。
実際に履いてみるとその差は歴然。
マウンテンブーツの煩わしさは一切感じない。
ところがこの細いコード、見た目にも当然華奢なので重厚感のあるレザーのマウンテンブーツとの相性は良くない。
コードだけが貧相に見えアンバランスになってしまう。
それを解決しているのが、シューレースを全体的に覆っているフラップという訳。
このフラップがあるおかげで、さらに高級感も出て来るしシューレースやシュータンの隙間に埃が入るのも軽減されそう。

既に完成された商品にさらにアイディアを組み込むのはとても難しい。
ともすれば無理やり個性をつぎ込む様な意味のないものになってしまうことも多い。
ところがこのNudeはマウンテンライトの土台にmeanswhileのエッセンスがしっかりと積み上げられている。
まるで芸術品の一足は所有欲も十分に満たしてくれる。

型番
MW-SHOES20204
素材
COW LEATHER
原産国
MADE IN JAPAN
ブランド
meanswhile(ミーンズワイル)
カテゴリ
メンズ靴

ダナー ミーンズワイル マウンテンブーツ メンズ 別注 ヌード マウンテンライト Danner meanswhile Mountain Nude MW-SHOES20204 ハーネス Harnes Mountain Light

定価: ¥68,200(税込)
価格: ¥68,200 (税込)
[ポイント還元 682ポイント~]
セール品:
返品・交換不可
数量:
サイズカラー在庫購入
25LIGHT GREY× 入荷連絡を希望
OFF BLACK× 入荷連絡を希望
25HLIGHT GREY× 入荷連絡を希望
OFF BLACK× 入荷連絡を希望
26LIGHT GREY× 入荷連絡を希望
OFF BLACK× 入荷連絡を希望
26HLIGHT GREY× 入荷連絡を希望
OFF BLACK× 入荷連絡を希望
27LIGHT GREY× 入荷連絡を希望
OFF BLACK× 入荷連絡を希望
27HLIGHT GREY× 入荷連絡を希望
OFF BLACK× 入荷連絡を希望
28LIGHT GREY× 入荷連絡を希望
OFF BLACK× 入荷連絡を希望

返品についての詳細はこちら

レビューはありません

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 発送のみ

■ご注文は24時間365日受付中です。

ページトップへ