レディースの時代がやってきた

1905年、アメリカはミネソタ州で創業したRED WING(レッドウィング)。
すでに靴づくりのスペシャリストであったチャールズ・ベックマンと14人の仲間によって設立されたレッドウィング。
と、普通ならブランドの創業から特徴までを紹介するのがいつもの流れ。
だけど、レッドウィングに限ってはそれ不要。
90年代にとんでもないムーブメントを巻き起こし、男性を中心に制服状態だったレッドウィング。
わざわざ説明する必要がないくらい定番中の定番だ。

ただし、これはメンズに限っての話かもしれない。

女性にとってレッドウィングの名前は知っていても、男性ブランドだったり、アメカジの印象が強いかもしれない。
でも、私は思うんです!
レッドウィングのレディースは、かなりイイ!!

まず、今でもアメリカ製にこだわっているところ。
正直、アメリカでモノを作るとどうしても原価が高くなってしまう。
でもやっぱりアメリカ製じゃないと作れないものもある。
繊細さや丁寧さを得意とする日本製と違い、アメリカ製は頑強さや機能性を重視する。
だから1点1点どれも同じじゃないし、味の出方も面白い。
だからレッドウィングはアメリカ製にこだわり続けているんだと思います。

そして製法。
一生履ける靴としてソールの張替えができるグッドイヤーウェルト製法を採用。
パーツも多くなるし、作業工程も複雑だから時間も手間もかかる。
でも、それだけ丈夫な靴ができる。
アメリカ製との組み合わせは最高なんです。

メンズとかレディースとか関係なく、単純にモノとして良いと思えるのがこのレッドウィング。
アメリカ製でこのクオリティで、この価格はちょっとズルい。
少し無骨な印象があるかもしれないけど、意外とシンプルで合わせやすいから今まで履いていなかった方にも試して欲しいブランドです。

エンジニアブーツの歴史を紐解けば、新たなタイプのワークブーツとしてアメリカで登場した1930年代、その多くは膝下丈のロングブーツでした。
その後これと同じ11インチ程度の丈のものが主流となったのが1950年代。
アメリカのユースカルチャーの中でジーンズとともにトレンドとなるものの、1960年代にはその流れも落ち着き生産数も激減することに。
そんな中、レッドウィングは現在に至るまでエンジニアブーツを作り続けています。
だから、エンジニアブーツは特別な存在。
中でもこのモデルはレディース用にさらに履きやすく、ソフトに仕上げられたもの。
デイリー使いしやすく、色々なコーデにもなじみやすい。
デニムパンツに合わせれば雰囲気タップリに仕上がるし、スカートなどのアイテムを合わせれば絶妙なバランスに。
新しい定番として活躍しそう。


ワイズ
B相当
素材
ソール:ポリウレタン・トラクショントレッド
製法:オールアラウンド・グッドイヤーウエルト
レザー
BLACK:BOUNDARY
COPPER:ROUGH TOUGH
※こちらはレディースラインとなっております。
※表記のサイズよりかなり小さめの作りとなっております。
 
原産国
MADE IN USA
ブランド
RED WING(レッドウィング)
カテゴリ
レディース靴

レッドウィング レディースクラシックエンジニア エンジニアブーツ RED WING REDWING CLASSIC ENGINEER 3470 3471

定価: ¥51,590(税込)
価格: ¥51,590 (税込)
[ポイント還元 515ポイント~]
数量:
サイズカラー在庫購入
US5.5(約22.5cm)BLACK
COPPER× 入荷連絡を希望
US6.0(約23.0cm)BLACK
COPPER
US6.5(約23.5cm)BLACK
COPPER
US7.0(約24.0cm)BLACK
COPPER
US7.5(約24.5cm)BLACK
COPPER

返品についての詳細はこちら

レビューはありません

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 発送のみ

■ご注文は24時間365日受付中です。

ページトップへ