これぞ、レッドウィング

このブーツを持っているだけで、ある意味ヒーロー的な存在になれる。
90年代、多くの学生にとって憧れのブーツだったRED WHING(レッドウィング)。

僕も学生時代にアルバイトで一生懸命貯めたお金を握りしめて買いに行った思い出があります。
そんな憧れのブーツ。
当時は「履く」というよりは「見せびらかす」ためのツール。
レッドウイング本来の良さを知らないまま、友達や雑誌の影響で買っていたのが懐かしい。

時を超えて30代になってから、懐かしさのもと再度手にしたレッドウィングのブーツ。
アパレルの業界で色々な製品を目にしてから見るレッドウィングは以前とは異なったものでした。
それは、流行とかトレンドとは別の"モノ"としてのカッコよさ。

まず、今でもアメリカ製にこだわっているところ。
正直、アメリカでモノを作るとどうしても原価が高くなってしまう。
でもやっぱりアメリカ製じゃないと作れないものもある。
繊細さや丁寧さを得意とする日本製と違い、アメリカ製は頑強さや機能性を重視する。
だから1点1点どれも同じじゃないし、味の出方も面白い。
だからレッドウィングはアメリカ製にこだわり続けているんだと思います。

そして製法。
一生履ける靴としてソールの張替えができるグッドイヤーウェルト製法を採用。
パーツも多くなるし、作業工程も複雑だから時間も手間もかかる。
でも、それだけ丈夫な靴ができる。
アメリカ製との組み合わせは最高です。

革のブーツは少し手間もかかるかもしれません。
軽く汚れを落としたり、革にオイルを含ませたり。
もちろん気にせずラフに履くのもカッコいいけど、少しケアをすると自分だけ味、自分だけのブーツが完成する。
これが何とも楽しくて、今もどっぷりとはまり続けています。


ペコスブーツと言えばレッド・ウィング社の開発した、ウエスタンブーツ・タイプのワークブーツ。
元々スペインの乗馬靴だったウエスタンブーツは左右両側に縫い目のあるブーツ。
その多くはつま先が尖っていて、高いヒールがついて要るけれど、これは乗馬の時に足を入れて踏ん張るのに適していたから。
かつてテキサス州に拠点を持っていたレッドウィングも1930年代にはウエスタンブーツの販売をしていました。
そして、そのウエスタンブーツにワークブーツの機能性を落とし込んだのがペコスブーツと言う訳。
1959年にレッドウィングがペコスブーツの商標登録を行い発売を開始。
その当時は全てヒール付きで販売していたけれど、1961年には当時人気を博していたトラクショントレッドソールを搭載して#866がラインナップに加わることに。
レッドウィングのアイコン的存在でもあるこの白くて厚みのあるソールは、どんな地面でも履きやすく疲れにくいものでした。

やや短めの筒、ウエスタンブーツとしては珍しい丸みを帯びたつま先、そして歩きやすいソール。
デイリーブーツとして使いやすい#866はロングセラーとなり、今もアメリカ南西部やテキサスで作業靴として履かれているそう。
#8866は1990年代半ばの赤みがかったブラウンレザーでできていたころの#866を当時のレザーを彷彿させるオロラセット・ポーテージで再現したもの。

まさに僕が当時憧れていたブーツそのものです。
ただ、この#8866も生産が終了してしまったそう。
レッドウィングと言えばこのモデルを思いうかべる人も多いはず。
在庫限りなのでマイサイズがあればチャンスかもしれません。





ワイズ
E相当
素材
ソール:トラクショントレッド
製法:オールアラウンド・グッドイヤーウエルト
レザー
ORO:RUSSET PORTAGE
原産国
MADE IN USA
ブランド
RED WING(レッドウィング)
カテゴリ
メンズ靴

レッドウィング メンズ 9インチ ペコス ペコスブーツ RED WING REDWING 9" PECOS 8866

定価: ¥39,600(税込)
価格: ¥39,600 (税込)
[ポイント還元 396ポイント~]
数量:
サイズカラー在庫購入
US6.5(約24.5cm)ORO× 入荷連絡を希望
US7.0(約25.0cm)ORO
US7.5(約25.5cm)ORO× 入荷連絡を希望
US8.0(約26.0cm)ORO× 入荷連絡を希望
US8.5(約26.5cm)ORO× 入荷連絡を希望
US9.0(約27.0cm)ORO× 入荷連絡を希望
US9.5(約27.5cm)ORO

返品についての詳細はこちら

レビューはありません

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 発送のみ

■ご注文は24時間365日受付中です。

ページトップへ