これぞ、レッドウィング

このブーツを持っているだけで、ある意味ヒーロー的な存在になれる。
90年代、多くの学生にとって憧れのブーツだったRED WHING(レッドウィング)。

僕も学生時代にアルバイトで一生懸命貯めたお金を握りしめて買いに行った思い出があります。
そんな憧れのブーツ。
当時は「履く」というよりは「見せびらかす」ためのツール。
レッドウイング本来の良さを知らないまま、友達や雑誌の影響で買っていたのが懐かしい。

時を超えて30代になってから、懐かしさのもと再度手にしたレッドウィングのブーツ。
アパレルの業界で色々な製品を目にしてから見るレッドウィングは以前とは異なったものでした。
それは、流行とかトレンドとは別の"モノ"としてのカッコよさ。

まず、今でもアメリカ製にこだわっているところ。
正直、アメリカでモノを作るとどうしても原価が高くなってしまう。
でもやっぱりアメリカ製じゃないと作れないものもある。
繊細さや丁寧さを得意とする日本製と違い、アメリカ製は頑強さや機能性を重視する。
だから1点1点どれも同じじゃないし、味の出方も面白い。
だからレッドウィングはアメリカ製にこだわり続けているんだと思います。

そして製法。
一生履ける靴としてソールの張替えができるグッドイヤーウェルト製法を採用。
パーツも多くなるし、作業工程も複雑だから時間も手間もかかる。
でも、それだけ丈夫な靴ができる。
アメリカ製との組み合わせは最高です。

革のブーツは少し手間もかかるかもしれません。
軽く汚れを落としたり、革にオイルを含ませたり。
もちろん気にせずラフに履くのもカッコいいけど、少しケアをすると自分だけ味、自分だけのブーツが完成する。
これが何とも楽しくて、今もどっぷりとはまり続けています。


モックトゥのブーツとともに長年レッドウィングの定番として親しまれている6インチクラシックラウンド。
丸みを帯びたつま先が特徴のモデルです。
通常、靴を作る時には内側と外側の革をカカトで縫い合わせる。
ところがコレは違う。
大きな1枚の革をカカトから足首の両側に包み込む様にまわすシームレスバック仕様。
天然素材である革は形も様々。
だから1枚革を使用するには技術も時間も必要だ。
そうまでして1枚革にこだわるのは、理由がある。
当たり前だけど、カカトはもともと丸い。
縫製するとなると合わせる部分はどうしても角度がついてしまうのだけど、1枚革なら無理なくカカトのカーブに沿う。
そうすることで包みこむ様な柔らかなあたりが生まれる。
僅かな違いに感じるかもしれないが、履けばすぐに分かる。

使用しているソールは疲れにくいトラクションとレッドソール。
レッドウィングのアイコン的存在でもあるこの白くて厚みのあるソールは、どんな地面でも履きやすい。

レザーはチャコール・ラフアンドタフ。
革の表面をわずかにこすって加工し、オイルとワックスを加えたヌバックレザー。
独特のムラやシワがあり味も出やすい。
日々の変化が楽しみな一足だ。

デザイン自体はシンプルだけど、すぐにレッドウィングと分かるアイコニックな面構え。
特にデニムとの相性は最高。
往年のアメカジスタイルももちろん良いけれど、今なら少しスッキリと上品に合わせても面白そう。

ただ、長年定番として親しまれてきたモデルながら残念ながら生産終了。
在庫限りなのでマイサイズがあればチャンスかもしれません。



ワイズ
D相当
素材
ソール:トラクショントレッド
製法:オールアラウンド・グッドイヤーウエルト
レザー
ラフ&タフ
原産国
MADE IN USA
ブランド
RED WING(レッドウィング)
カテゴリ
メンズ靴

レッドウィング メンズ 6インチ クラシックラウンド 8190 RED WING 6" CLASSIC ROUND

定価: ¥35,640(税込)
価格: ¥35,640 (税込)
[ポイント還元 356ポイント~]
数量:
サイズカラー在庫購入
US7.0(約25.0cm)CHARCOAL
US7.5(約25.5cm)CHARCOAL
US8.5(約26.5cm)CHARCOAL
US9.0(約27.0cm)CHARCOAL

返品についての詳細はこちら

レビューはありません

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 発送のみ

■ご注文は24時間365日受付中です。

ページトップへ