右側のサムネイルをクリックで画像が拡大表示されます。

モデル:身長164cm 体重49kg

モデル:身長164cm 体重49kg

モデル:身長164cm 体重49kg

モデル:身長164cm 体重49kg



カワイイ見た目と、ゴツイ背景のギャップにヤラレル!!

1994年パリにてピエール氏によってスタートした「ANATOMICA(アナトミカ) PARIS」。
その後、日本の寺本氏が加わり現在のアナトミカが完成する。
固定概念にとらわれず、フィッティングを重要視した普遍的で上質なものを作るために試着を繰り返し、
ミリ単位で修正を加え、生まれたのがアナトミカのスタイル。
そこから生まれるのは、めまぐるしく変化するトレンドを重視したファッションとは異なる、何年にもわたってその価値を実感できるアイテムたち。

アナトミカのアイテムの中には、もう現存しないであろうビンテージから掘り起こされたアイテムがたくさんあります。
この1943アルパカコートがまさにソレ!

寺本氏が所有している資料に記されていた1943年に発表された、フリースのライナー。
その資料から読み解くことができたのは、恐らくアメリカ軍のアラスカ用のものだということ。
当時は、こういったライナーの上にコートを重ねて寒さを凌いでいました。

実物を探そうにも年代があまりにも古いものだから、ビンテージは既に存在していない可能性が高い。
だから、資料の中のコートを再現するために色々と想像を広げたそう。
今、こんな服が流行ってるとか、こんな服が売れそうとかではなく、現存する可能性の低い資料の中のコートを想像で再現する。
もう、聞いているだけでワクワクしてしまいます!

当時の背景に合わせて、素材にはアルパカを使用。
アルパカはウールより強く、軽く、柔らかく、暖かい。
だから当時の軍だけでなく、現代のレディースウェアにもピッタリの素材です。

それに、ナイロンの裏地付だから、風の侵入を防いでくれるだけでなくインナーとの滑りをよくしてくれる。
袖口もリブになっているから、ここからも風が入りにくい。
オフセットしたフロントボタンもデザインの様に見える。

ノーカラーのフリースコートはよく見かけるかもしれないけれど、このコートは素材も品質も、背景から全く違う。
このカワイイ見た目と、その裏にあるゴツイ背景がたまりません。
サイズ(cm)
  着丈 胸囲 肩幅 袖丈 裄丈 裾幅 袖口
1 97 113 48 59 83 137 30
商品の特性上、個体差がございます。予めご了承くださいませ。
素材
表地:羊毛80% アルパカ20%
裏地:キュプラ100%
袋布:綿100%
原産国
MADE IN JAPAN
ブランド
ANATOMICA(アナトミカ)
カテゴリ
レディースアウター




アナトミカ 1943 アルパカ コート ノーカラー フリース ANATOMICA 日本製

定価: ¥96,800(税込)
価格: ¥96,800 (税込)
[ポイント還元 968ポイント~]
数量:
サイズカラー在庫購入
1BROWN

返品についての詳細はこちら

レビューはありません

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 発送のみ

■ご注文は24時間365日受付中です。

ページトップへ