着込むほどにインディゴが透け出る、幻想的なジャケット

1994年パリにてピエール氏によってスタート「ANATOMICA(アナトミカ) PARIS」。
ピエール氏は現代のセレクトショップの源となったショップ「GLOBE」とその延長上に「HEMISPHERE」を作った後に、
これまでの既成概念を打ち破りスタートしたのが、このANATOMICA。

その後、2008年にピエール氏と日本のアパレル界を代表する寺本氏が運命の出会いを果たす。
きっかけは、寺本氏がデザインしたサイドシームの無いデニムパンツ。
そのデニムパンツにピエール氏が感銘を受け、以降は寺本氏がデザインを、ピエール氏がディレクションを担当することに。

固定概念にとらわれず、フィッティングを重要視した普遍的で上質なものを作るために試着を繰り返し、
ミリ単位で修正を加え、生まれたのがANATOMICAのスタイル。
そこから生まれるのは、めまぐるしく変化するトレンドを重視したファッションとは異なる、何年にもわたってその価値を実感できるアイテムたち。

ANATOMICAらしさが存分に反映されたこのINDIGO LINEN SUMI COATING DOLMAN(インディゴリネンスミコーティングドルマン)。

何がすごいって、何を見て欲しいって、その生地。
リネン100%のさらりとした軽い生地にインディゴ染めを施したもの。
シャリ感があって、着るほどに柔らかく馴染んでいく長く育てたい生地感です。
これだけでも手間がかかっていて貴重なのに、ANATOMICAの場合はこれだけではないんです。
さらにこの上から生地両面に墨でコーティングを施しているんです!

最初はソリッドのブラック。
それが着ている人の体型や着方により墨コーティングの下のインディゴ地が少しずつ透け出てくる。
インディゴ自体も通常の染料とは異なり奥行きのある染まり方をしているから、透け出たインディゴ地にも表情が生まれるんです。
さらに、墨コーティングもインディゴリネン地も上品な艶が特徴的。
これらが生み出すのが、夜空の様に幻想的な色合い。

「着こむほどに味わいの増すアイテム」というと良い意味で使用感が出てくるものが多い。
でも、これはちょっと違っていて着こむほどに上品さが増していく気がします。

私自身もヘビロテしているこのドルマン、光のあたり方やシワの出方で変わる表情がとにかくお気に入り。
着る度にその魅力が増していくから、着る度に眺めてしまいます。

ベースは日本でいえば明治時代、1850年代のナポレオン3世のころの兵隊の服からオマージュ。
袖や身幅は余裕のあるゆったりとしたデザイン。
襟は小ぶりで1列に並んだボタンが特徴的。
しかもこのボタン、一見分からないのですが天然のナットを使用してるというこだわりよう。

私にとってこのドルマンは、シャツほどラフに見えないのにジャケットよりずっと着心地が良い便利アイテム。
春や夏にはジャケットの様にちょっと肌寒いときにやコーデに雰囲気を出したいときに。
秋や冬はシャツやカーディガンの様にラフに羽織るミドルアウターとして楽しんでいます。
流行り廃りのない定番デザインだから、飽きもこない。
むしろ、墨コーティング×インディゴリネン地の組み合わせは着れば着るほど美しさを増していく。
個人的には永久定番として大事に着こんでいきたいアイテムです。

サイズ(cm)
  着丈 胸囲 肩幅 袖丈 裾幅 袖口
36 54.5 97.5 41 57.5 94.5 30
38 56 101.5 43 58.5 98.5 31
商品の特性上、個体差がございます。予めご了承くださいませ。
型番
531-541-01
素材
LINEN 100%
この素地はインディゴ染料で染められた生地に墨顔料のコーティングを施しています。
着用や洗いにより顔料が落ち、生地のインディゴ色が表に出てきます。
またその後にインディゴも経年変化により色落ちします。
それらの変化の際に色移りがあります。
着用の際は淡色のものへ移染にご注意下さい。
洗濯の際はドライクリーニングをしてください。

原産国
MADE IN JAPAN
ブランド
ANATOMICA(アナトミカ)
カテゴリ
レディースアウター



ANATOMICA アナトミカ レディース INDIGO LINEN SUMI COATING DOLMAN インディゴ リネン 墨コーティング ドルマン ジャケット MADE IN JAPAN 日本製

定価: ¥54,000(税込)
価格: ¥54,000 (税込)
[ポイント還元 540ポイント~]
数量:
サイズカラー在庫購入
36BLACK× 入荷連絡を希望
38BLACK

返品についての詳細はこちら

レビューはありません

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 発送のみ

■ご注文は24時間365日受付中です。

ページトップへ