右側のサムネイルをクリックで画像が拡大表示されます。

身長178cm 体重60kgのモデルがサイズ40を着用

身長178cm 体重60kgのモデルがサイズ40を着用

身長178cm 体重60kgのモデルがサイズ40を着用

身長178cm 体重60kgのモデルがサイズ40を着用

右側のサムネイルをクリックで画像が拡大表示されます。

身長163cm 体重53kgのモデルがサイズ34を着用

身長163cm 体重53kgのモデルがサイズ34を着用

身長163cm 体重53kgのモデルがサイズ34を着用

身長163cm 体重53kgのモデルがサイズ34を着用

カバーオールなのに、テーラード?

1994年パリにてピエール氏によってスタート「ANATOMICA(アナトミカ) PARIS」。
ピエール氏は現代のセレクトショップの源となったショップ「GLOBE」とその延長上に「HEMISPHERE」を作った後に、
これまでの既成概念を打ち破りスタートしたのが、このANATOMICA。

その後、2008年にピエール氏と日本のアパレル界を代表する寺本氏が運命の出会いを果たす。
きっかけは、寺本氏がデザインしたサイドシームの無いデニムパンツ。
そのデニムパンツにピエール氏が感銘を受け、以降は寺本氏がデザインを、ピエール氏がディレクションを担当することに。

固定概念にとらわれず、フィッティングを重要視した普遍的で上質なものを作るために試着を繰り返し、
ミリ単位で修正を加え、生まれたのがANATOMICAのスタイル。
そこから生まれるのは、めまぐるしく変化するトレンドを重視したファッションとは異なる、何年にもわたってその価値を実感できるアイテムたち。

そんなANATOMICAのCOVERALL DUNGAREE。
アーカイブとなったのは、1920~30年代のヴィンテージのカバーオール。
カバーオールといえば、別名レイルローダージャケットと呼ばれる鉄道員が着ていたもの。
簡単に言うと作業着なのですが、ANATOMICAのそれはちょっと違う。

1つめは、襟の形。
まず、台襟がない。
トップのボタンを閉めているときには、どこからどう見てもカバーオール。
ところが、トップのボタンを開けるとたちまち表情を変える。
そう、カバーオールというより、テーラードジャケットの様なのだ。

この襟のデザインが実に緻密で面白い。
現代の日常着として着るのであれば、インナーに合わせて襟元を調整したいところ。
これを本来のデザインを再現しながら実現したのが、この襟なのだ。
これで、普段ジャケットは着ないという方でも、これなら気軽にVゾーンのコーディネートを楽しむことができる。

2つめが、美しいシルエット。
特に後ろから見たときのシルエットは秀逸。
当時のデザインを象徴するAラインの様に裾に向かって広がるシルエットは、まるでテーラードジャケットのよう。

3つめが、ウォッチポケット。
ジャケットの左胸の二重になっているポケットは、当時は懐中時計を収納していたポケット。
だから当時のカバーオールを見ると、このポケットだけ表地を二重にして強度を高めている。
ANATOMICAの面白いところは、これをただ再現するのではなく、この二重の表地をさらにポケットとして昇華しているところ。
この二重ポケット、スマホやペンを収納したり実用性も高い。

4つめは、フロントボタン。
かなり大きめのボタンはデザインのアクセントになり、開け閉めもしやすい。
さらに、このボタンは首振りボタンと呼ばれる特殊なもの。
ボタンとその下の留め具が固定されていないので、ボタンが首を振る。
これにより、ヘビーなデニム地であっても楽に開け閉めすることができる。
大量生産の時代にその生産の難しさ・手間から作られなくなってしまった、古き良き時代のディテールがここにあるのだ。

5つめは、セルビッチ。
赤耳などと呼ばれたりするセルビッチ地はデニム地の端のこと。
※端が白く処理されているもので、必ずしも赤い線がある訳ではありません。
これを使おうとすると生地効率が悪くなってしまうため、非常にコストのかかってしまう。
ところが、このカバーオールでは、そのセルビッチ地を贅沢に使用している。

6つめは、ステッチ。
鉄道員の作業着として使用されていたカバーオールらしく、ヨークや肩などのよく動かす様な場所はトリプルステッチで仕上げている。
このトリプルステッチが、丈夫なジャケットを生み出す。
ウォッチポケットの赤いカン止めも、良いアクセントになっている。

7つめは、生地。
使用しているダンガリー地は11ozの厚手のもの。
着こむほどに現れるエイジングも楽しみ。
ワンウォッシュされているので、扱いやすいのも嬉しい。

こだわり尽くしのカバーオール。
クローゼットの中の定番アイテムとして大人が楽しむのにちょうどいいアイテムです。

サイズ(cm)
  肩幅 身幅 袖丈 後ろ着丈
34 39 88 60 67.5
36 41 94 61 68
38 43.5 100 62 71.5
40 44.5 104 63 73.5
42 47.5 110 63 75
44 49.5 116 65 75.5
※製品を平らなところに置いて直線で測ったサイズです。
商品の特性上、個体差が生じる場合がございます。
型番
530-521-26
素材
コットン100%
原産国
MADE IN JAPAN
ブランド
ANATOMICA(アナトミカ)
カテゴリ
アウター

ANATOMICA アナトミカ ダンガリー カバーオール COVERALL DUNGAREE デニム ジャケット メンズ レディース MADE IN JAPAN 日本製

定価: ¥36,720(税込)
価格: ¥36,720 (税込)
[ポイント還元 367ポイント~]
数量:
サイズカラー在庫購入
34INDIGO ONE WASH/IDC OW× 入荷連絡を希望
36INDIGO ONE WASH/IDC OW× 入荷連絡を希望
38INDIGO ONE WASH/IDC OW× 入荷連絡を希望
40INDIGO ONE WASH/IDC OW× 入荷連絡を希望
42INDIGO ONE WASH/IDC OW× 入荷連絡を希望
44INDIGO ONE WASH/IDC OW× 入荷連絡を希望

返品についての詳細はこちら

レビューはありません

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 発送のみ

■ご注文は24時間365日受付中です。

ページトップへ